オール電化住宅とは

HOME  > オール電化住宅  >オール電化住宅で安全・安心な暮らし

オール電化住宅で安全・安心なくらし

火を使わないオール電化は火災のリスクが減りより安全に暮らすことができます。

<空>オール電化注文住宅イメージ

建物火災の大きな原因として知られている出火リスクをオール電化住宅の場合大きく軽減することができます。
IHクッキングヒーター(オール電化住宅の調理器具)は基本的に「炎」を出さずに磁力により鍋やフライパンを直接加熱する調理器具です。

火 で直接加熱するわけではありませんので、コンロの近くに紙などの燃えやすいものがあっても引火することはありませんし、調理中に服などに火が移るといった 心配もありません。実際に、オール電化を導入していただいたお客様の多くが、オール電化にした理由を「安心・安全だから」と回答していただいています。

特に、小さなお子様やご高齢者がいらっしゃる住宅では、火によるトラブルを避ける意味でもオール電化は安心・安全な商品となっております。
オール電化住宅は火災の原因となるガスや火を使いませんので、オール電化住宅の場合火災保険の保険料が割引されるなど、実際の損害保険会社もオール電化の安全性を認めていることが分かります。 このほかにも、銀行などによっては、オール電化住宅を購入する際の住宅ローンの金利が軽減されるといった優遇サービスを受けることができます。
災害時にもう一つ必要になるのは「水」の確保であるといわれています。前述の通り、水道というライフラインは復旧が遅く、兵庫県南部地震の際は完全復旧までに90日という長い期間が必要になりました。 しかし、オール電化住宅の給湯システムである「エコキュート」や「電気温水器」はそれぞれのタンクに水を貯水するタイプの給湯システムです。そのため、災害時などはタンクにためてある水を生活用水としても活用することができるという安全性の利点もあります。 ※一部対応していない機器もあります。

オール電化賃貸マンション、オール電化住宅、完成見学会のご不明点、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。下記「お問い合わせはこちら」をクリックするとメールにてお問い合わせができます。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 011-782-2202

ページTOPへ

オール電化住宅施工例

リフォーム支援ネット「リフォネット」へ

  • アクセスマップ
  • 065-0041 札幌市東区本町1条6丁目1番地2号

アクセスマップへ